BOTANIST(ボタニスト)ダメージケアトリートメントの成分解析・香り・口コミ

市販シャンプーで人気のBOTANIST(ボタニスト)のボタニカルダメージケアトリートメントの成分解析と香り・口コミについて紹介します。

 

BOTANIST(ボタニスト)ダメージケアトリートメントの成分解析

まずは、ボタニスト ダメージケアトリートメントの成分解析からです。

全成分は以下の通り。

水、ジメチコン、セテアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ジグリセリン、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、ビスセテアリルアモジメチコン、ユズ果実エキス、ゼイン、メドウフォーム-δ-ラクトン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、ヒマワリ種子エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、シラカバ樹液、ステアルトリモニウムクロリド、マカデミア種子油、オレイン酸オレイル、ジメチコノール、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ベヘントリモニウムメトサルフェート、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、オクチルドデカノール、水添ココグリセリル、加水分解ヒアルロン酸、PEG-30フィトステロール、BG、クエン酸、クエン酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、セタノール、イソプロパノール、DPG、エタノール、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

 

ボタニスト ダメージケアトリートメントは、指通りなどの質感を良くするシリコンをベースに補修・保湿成分が配合されている構成です。

そのなかで、ボタニスト ダメージケアトリートメントの凄いところは、補修・保湿成分の質が高いということです。

市販シャンプーにはなかなか見られない質の高い補修・保湿成分を使っており、この価格で購入できるトリートメントとしてはかなり期待できる成分を配合しています。

 

補修成分

その有効補修成分は以下の成分です。

  • ドウフォーム-δ-ラクトン
  • セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク
  • イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

 

ドウフォーム-δ-ラクトンは、ドライヤーなどの熱に反応して髪を補修する特徴的な成分です。

ヘアアイロンをよく使用する人におすすめの成分ですね。

 

セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパクは、毛髪の表面を補修する成分です。

髪にもともとある18-MEAと呼ばれるキュテーティクを接着する成分(髪の指通りやツヤをアップさせたり水分バランスを整える成分)が、紫外線などの影響で乱れてしまったのを補給して手触りやツヤ感をアップさせます。

イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェートもセテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパクと同じような成分です。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセアという成分で、約1分という短時間で毛髪内部に浸透してダメージ補修をする成分。

サロンシャンプーやトリートメントの中で特にダメージケアを目的とするシャンプー&トリートメントによく配合される有効補修成分です。

 

このように補修成分はサロンシャンプーにも配合される有効成分を使っており、効果的なダメージ補修を期待できそうです。

 

保湿成分

リラックスする女性

保湿成分は各種オイルが良いです。

  • ツバキ種子油
  • ホホバ種子油
  • ヒマワリ種子油
  • アカデミア種子油

これらのオイルは、保湿効果が高く、肌や髪に馴染みやすいのが特徴です。

しっとりしますが、なめらかでベタつきにくいのも嬉しいポイントです。

これらのオイルにより、「高い保湿効果」「しっとり感」を得られる質感になります。

乾燥している髪やダメージを受けている髪を整えてくれます。

 

成分解析まとめ

シリコンやゼインによる皮膜形成で指通りの良さやツヤ感を感じることができ、ペリセアやドウフォーム-δ-ラクトンによる内部補修効果、さらにその他の指通りを良くする成分も多く配合されており、しっとりした質感で指通りの良い触り心地になるトリートメントという感じです。

シャンプーはノンシリコンなのでシャンプーのみではきしみを感じる場合もありますが、このトリートメントと併用することで良い質感になるトリートメントだと思います。

市販のシャンプーではトップクラスと言っていい補修能力があると思います。

 

BOTANIST(ボタニスト)ダメージケアトリートメントの香り

ボタニスト ダメージケアトリートメントの香りは、「ピオニー&ベリーの香り」です。

シャンプーとは少し違う香りになっていますが、にダブルフレグランス処方という点は一緒です。

ピオニー&ベリーの香りという表記ではわかりにくいかもしれませんが、フローラル系の香りです。

フローラル系と言っても甘すぎない爽やか系の香り。

ボタニストのシャンプーの香りは口コミでも評判が良く、クセがなくキツすぎない爽やかな印象があります。

 

BOTANIST(ボタニスト)ダメージケアトリートメントの口コミ

ボタニスト ダメージケアトリートメントの口コミを調べてみました。

良い口コミ

 

あまりこの手のシャンプーやコンディショナーには期待していませんでしたが、香りも良く、滑らかな髪になります。かなりダメージを受けたロングヘアですが、パサつきも抑えられる気がします。また購入させていただこうとおもいます。

出典:Amazon

 

香りがとても良かったです。この夏初めて髪の乾燥が気になり購入しました。指通りが滑らかになります。

出典:Amazon

 

匂いがとてもいい。
指通りもよくコスパも良いいのでリピートしてます。

出典:Amazon

 

「香りが良い」「指通りが良い」「パサツキが抑えられる」などの良いクチコミが多いです。

指通りを良くする成分が多く配合されているので、指通り・しっとり感など質感はかなり良いトリートメントだと思います。

香りも強すぎない香りが高評価のようです。

 

良くない口コミ

良くない口コミも見てみました。

すごくしっとりします。
うっかり塗りすぎると重いです。
保湿効果が高いのですが使い方が難しかったです。
しっとりタイプをお求めの方にはおおすめです。

出典:Amazon

 

こちらの商品のシャンプーを先に使用していたのでトリートメントを購入しました。
潤いを求めていましたが、ドライヤー後の髪がペタっとなるのが気になりました。十分にすすいだつもりです。髪質にもよるかもしれませんが、私の髪質には合いませんでした。
匂いは気に入っているので、さらさらタイプを試してみようと思います。

出典:Amazon

 

デザインも香りも良いですが、何よりベトベトします。使い始めの数日はサラサラでしっとりとしていて、買って良かったと思ったのですが毎日使い続けていると、ベットリとした感じが顕著に出てきます。話題の商品だけあって残念でした。

出典:Amazon

 

良くないクチコミとしては、「ベタつきが気になる」という意見が多いようです。

このダメージケアトリートメントはシリコンの皮膜やオイルなどにより「しっとり感」が結構あるので、人によってはベタつくと感じることもあるかもしれません。

ベタつきはトリートメントを塗る量を少なくすることで改善する場合もありますし、シャンプーの洗浄力が低すぎて油分過多になっている可能性もあります。

シャンプーは同シリーズのボタニスト ダメージケアシャンプーが洗浄力が適度でしっかりめにあるのでおすすめです。

 

BOTANIST(ボタニスト)ダメージケアトリートメントの特徴まとめ

以上、ボタニスト ダメージケアトリートメントの成分解析・香り・口コミについて紹介しました。

このトリートメントの特徴をまとめると、

  • シリコンやゼインなどの皮膜形成により手触りが良い
  • ペリセアなどの内部を補修する有効成分配合
  • 髪の外部(キューティクル)の補修やオイルで指通りアップやしっとり感がある
  • ピオニー&ベリーのダブルフレグランス
  • 市販トリートメントにしてはハイクオリティ

このように、ボタニスト ダメージケアトリートメントは、名前の通りダメージ補修に効果的な成分を配合し、1,500円程度の市販トリートメントでこのクオリティは凄いと感じさせてくれるトリートメントです。

髪がハイダメージであればサロン専売のもっと効果なトリートメントを使うべきですが、髪のダメージが低〜中程度の人には価格に対する効果はかなりお得感があると思います。

ボタニストのダメージケアは、市販で買いやすく、ボトルデザインもシンプルでおしゃれ、さらにクオリティも高いということで大人気なのがわかるシャンプー&トリートメントだと思いました。

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]