haru kurokami スカルプ(黒髪スカルプ・プロ)シャンプーの成分解析

haru kurokami スカルプ(黒髪スカルプ)シャンプーの成分解析

haru kurokami スカルプシャンプーの全成分は以下の通りです。

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、プロパンジオール、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、セロリ種子エキス、乳酸桿菌/マテチャ葉発酵液、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、クエン酸トリエチル、サピンヅストリホリアツス果実エキス、トコフェロール、ホップエキス、オオムギ発酵エキス、豆乳発酵液、ワカメエキス、アカモクエキス、スイカズラ花エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、マテチャ葉エキス、カボス果汁、アサイヤシ果実エキス、グアバ果実エキス、コーヒー種子エキス、ビワ葉エキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、センキュウ根茎エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキス、カミツレ花エキス、ブッソウゲ葉エキス、ヘマチン、海塩、グルタミン酸Na、グリシン、アラニン、水添ホスファチジルコリン、ダイズステロール、ポリクオタニウム-10、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、エタノール、キサンタンガム、レシチン、デキストラン、シリカ、レモン果皮油、アオモジ果実油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、イランイラン花油、ライム油、カプリリルグリコール

出典:Amazon

この配合成分を解析していきます。

 

洗浄成分

まずは、シャンプーの中で最も重要な洗浄成分から。

haru 黒髪スカルプシャンプーの洗浄成分は以下の成分です。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルグリシンK

3つともアミノ酸系の洗浄成分です。

よって、haru 黒髪スカルプシャンプーはアミノ酸系シャンプーになります。

アミノ酸系洗浄成分で構成されており、ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄成分の中では洗浄力が強めですが、ココイルグルタミン酸TEAとココイルメチルアラニンNaは洗浄力が控えめな成分です。

総合的にみると、洗浄力は控えめで皮膚刺激も低刺激なシャンプーになっています。

洗浄成分は控えめですが、エキス類(サピンヅストリホリアツス果実エキス、オレンジ油)の効果によって洗浄力がもの足りないとは感じにくい配合になっているという感じがします。

 

頭皮ケア成分

haru  黒髪スカルプシャンプーという名前の通り、このシャンプーはスカルプシャンプーとして頭皮ケアが特徴のシャンプーです。

  • アセチルテトラペプチド-3
  • アカツメクサ花エキス

この2つでキャピシキルと言われ、発毛剤や育毛剤に使用されるミノキシジルの3倍の育毛効果がある成分です。

リンゴ果実培養細胞エキスは、肌の幹細胞の寿命を伸ばす整肌成分で新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分です。

その他、セロリ種子エキスの血行促進・抗酸化作用、ブッソウゲ葉エキスの保湿・抗酸化作用など頭皮環境改善効果のある成分が多数配合されています。

 

スポンサーリンク

 

コンディショニング成分

haru黒髪スカルプシャンプーはトリートメント不要と謳っており、ノンシリコンシャンプーですが、シャンプーだけでも軋みにくいことが特徴です。

 

上質な保湿成分により、髪の軋みを感じにくくなっています。

  • 加水分解シルク
  • 加水分解コンキオリン
  • ブッソウゲ葉エキス

保湿成分によりシャンプーだけでも髪がまとまり指通りの良いまとまるようになっています。

 

haru黒髪スカルプシャンプーはハイクオリティ


以上、haru黒髪スカルプシャンプーの成分解析してみました。

haru黒髪スカルプシャンプーは、頭皮環境改善など頭皮ケアや髪のボリュームアップなどをしたい人に特におすすめのシャンプーです。

  • 頭皮の汚れや臭いが気になる人
  • 薄毛が気になりボリュームアップしたい人
  • 白髪が気になる人

など向けのシャンプーです。

ほかにもダメージ修復などトータルケアができるシャンプーなので多くの人におすすめできるクオリティの高いシャンプーと言えるでしょう。

香りは爽やかな柑橘系で男女関係なく使いやすいシャンプーだと思います。

 

 

 

 

コメント