三科光平が実際に使っていて愛用しているヘアアイロンは?

ヘアアイロン
出典:ワンダム公式

OCEAN TOKYO Harajuku(オーシャントーキョー 原宿)の代表で元CHOKi CHOKi(チョキチョキ)のモデルであるイケメン美容師の三科光平さん。

メンズから絶大な支持を得ている美容師で、髪型やセットの仕方などを参考にしているメンズも多いです。

そんな三科光平さんが実際に使っているヘアアイロンはどんなヘアアイロンなのでしょうか?

三科光平さんが愛用しているヘアアイロンを紹介します。

 

三科光平さん愛用のヘアアイロン

三科光平さんが使っているヘアアイロンは、OneDam(ワンダム)というメーカーのヘアアイロンです。

ワンダムのヘアアイロンで型番はAHI-251です。

 

実際に三科光平さんがヘアセットの仕方などを紹介しているYouTubeチャンネルでもワンダムのヘアアイロンでセットをしています。

 

 

正確には、三科光平さんが使用しているのはオーシャントーキョーの商品ブランドであるオーシャントリコのヘアアイロンですが、

ワンダムのAHI-251のデザインをオーシャントリコのデザインにしただけで、同じものです。

 

 

ワンダムのヘアアイロンの特徴

では、三科光平さんが愛用しているワンダムのヘアアイロンは、どんな特徴があって何が優れているヘアアイロンなのでしょうか?

ワンダムのヘアアイロンAHI-251は、以前はAHI-250という商品でした。

三科光平さんもAHI−250のときから使用していました。

 

このAHI-250がより高品質になりリニューアルされたのが、AHI-251です。

ワンダムヘアアイロンAHI-251の特徴は主に下記のものがあります。

  • 特殊プレート
  • 温度設定が60°〜200°で設定可能
  • 防熱特殊フェルトカバー
  • 360度回転コード

詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

特殊プレート

 

ワンダムのAHI-251は、赤外線放射特殊プレートなので熱を伝える力が強いため低温でも髪にしっかりと熱を伝えることができます。

また、プレートはクッション付きの特殊プレートなので髪の滑りがよく、力を入れずに軽い力で使用することができます。

低温で力を入れなくて良いので、ヘアアイロンによる髪のダメージを軽減することができるのが大きなメリットです。

プレート幅も25mmなので細かいセットをするメンズに使いやすい大きさです。

温度設定が60°〜200°で設定可能

 

温度設定は60°から200°まで設定可能です。

縮毛矯正をする際に使う高音まで設定できるプロ仕様になっています。

家庭で使う際に200°の高温は必要ありませんが、設定温度が幅広いので自分の髪に合った温度設定で調整できるのが使いやすいです。

また、低音は60°という低さで設定できるので、ウィッグやエクステなどの人工毛にも使用できます。

 

防熱特殊フェルトカバー

 

ワンダムのAHI-251は、プレートの熱が持ち手側に伝わりにくいよう、特殊フェルトカバーを装着しています。

プレートの熱が持ち手側に伝わりにくいので、アイロンを使用している際に熱くて使えないということになりにくいです。

火傷しにくい構造になっている点もこのヘアアイロンの使いやすいポイントです。

 

360°回転コード

 

コードが360°回転するようになっていて、コードがねじれないように工夫されています。

メンズのセットの際は、細かく角度を変えながらアイロンでセットする場合も多く、その際にコードがねじれないようになっているのでセットがしやすくなっています。

また、コードの長さも長いため電源コンセントが遠くても使えるのもメリットです。

 

三科光平さん愛用ヘアアイロンのまとめ

三科光平さんが使用しているワンダムのヘアアイロン「AHI-251」を紹介しました。

ワンダムのAHI-251は、仁科光平さんのOCEAN TOKYOのほかにAKROS(アクロス)でも使用されているメンズにおすすめのヘアアイロンです。

初心者からプロの美容師まで使いやすい仕様になっていて価格も機能性が高いわりに抑えられているのでコスパが良いヘアアイロンです。

おしゃれな髪型をしたいメンズに最適なヘアアイロンなので、ヘアアイロン選びに迷っている人は是非試してみると良いでしょう。

 

 

 

 

コメント