ミニマリストが愛用するシャンプー5選。ミニマリストに人気のシャンプーは?

ヘアケア用品 シャンプー

「必要最低限のものしか持たない」ミニマリストの人達。

少ないものしか持たないので物を厳選して愛用するミニマリストはどんなシャンプーを愛用しているのでしょうか?

当記事では、

  • ミニマリストに人気のシャンプー
  • ミニマリストが愛用するシャンプー

について紹介します。

 

ミニマリストに人気のシャンプーの特徴

 

ミニマリストに人気のシャンプーというのはどのような特徴があるのでしょうか?

ミニマリストがシャンプーを選ぶ際には以下のような点を重要視する人が多いです。

  • 1つのボトルで全身を洗えるシャンプー
  • 時短ができるシャンプー
  • ボトルの大きさやデザインがシンプルでミニマル
  • 成分など品質の良いシャンプー

 

1つのボトルで全身を洗えるシャンプー

 

ミニマリストは必要最低限のものしか持たずに、なるべく物の数を少なくしたいと考えています。

そのため、シャンプーを選ぶ際にもボトルの数を減らせないかと考える人が多いです。

そんなミニマリストに人気なのが1つのボトルで「頭・髪」「身体」「顔」を洗うことができる全身シャンプーです。

全身シャンプーであれば、浴室にボトルを1つ置くだけでよいので、ミニマリストが好きな余白が多く生まれます。

1つのボトルだけでごちゃごちゃしないので浴室がスッキリして気持ちよくバスタイムを過ごすことができます。

さらに、シャンプー・コンディショナー(トリートメント)、ボディソープ、洗顔料と何種類も買う必要がなく1つだけ買えばよいので経済的です。

このように、ミニマリストが好む全身シャンプーには多くのメリットがあります。

 

時短ができるシャンプー

ミニマリストは物を少なくすることによって、使う物を選ぶ時間を短縮するといった、時間を大切にしている人が多いです。

時間を効率よく使うことを考えるので、シャンプーの時間も短縮できないかと考えます。

そんなミニマリストに人気なのが先でも紹介した全身シャンプーのほか、リンスインシャンプーなど1つで2つ以上の役割をこなすことができるシャンプーです。

全身シャンプーであれば1つのボトルから手にとって全身を頭から足先まで全身を一気に洗えることができるので効率が良く時短になります。

全身シャンプーだと髪のきしみが気になる人は、リンスインシャンプーというコンディショナーの役割も含まれているシャンプーを利用する人もいます。

 

ボトルの大きさやデザインがミニマル

ヘアケア用品

ミニマリストの特徴としてデザインにこだわりを持っている人が多いというのが挙げられます。

ミニマリストは小さい物やデザインがシンプルなものを好む傾向にあります。

小さいものはスペースを有効的に使うことができ、デザインのシンプルなものは浴室をスッキリとした印象やオシャレな印象を与えることができます。

小さい物や物のデザインにこだわりのあるミニマリストには、ボトルの小さいまたは細いシャンプーデザインが白くて柄の少ないラベルのシャンプーが人気です。

また、使い心地が気に入っているけどデザインがごちゃごちゃしているシャンプーのラベルを剥がして使うミニマリストもいます。

 

成分など品質の良いシャンプー

ミニマリストは少ないものしか持たない代わりに、1つ1つの物を厳選して良い物を所有するという1点豪華主義の人も多くいます。

そんな人は、少ない代わりに持っているものは全て品質の良いものというこだわりを持っています。

シャンプーに関しても、多少高いシャンプーでも品質が良く髪や頭皮に良いものを選びます。

品質の良いシャンプーとはどういうものかというと、配合成分が良いものです。

シャンプーには配合されている成分によって、頭皮や髪に与える影響が異なり、使い心地や洗い上がりが違ってきます。

具体的にはサロン専売シャンプーでよくみられるアミノ酸系タンパク質系の洗浄成分が使用されたシャンプーです。

アミノ酸系やタンパク質系の洗浄成分は高価なものが多いですが、髪や頭皮に優しく洗うことができるので品質がよく、人気のシャンプーです。

 

ミニマリストが愛用するシャンプー5選

それでは、ミニマリストに人気の高い多くのミニマリストが愛用するシャンプーを紹介します。

 

ミノン 全身シャンプー

ミニマリストの定番シャンプーといえば、ミノンの全身シャンプー。

これ1つで頭から足先までの全身を洗うことができるミニマリストに人気のシャンプーです。

植物性アミノ酸系洗浄成分配合で、必要な皮脂を落としすぎずにしっっとりとした洗い上がりのシャンプーです。

刺激性が少なく肌荒れを防ぐ薬用処方なので、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます。

赤ちゃんから大人まで使用できるので家族でもこのシャンプー1つを使用することができます。

香りは甘い石けんの香りです。

 

無印良品全身シャンプー

ミニマリストの定番ブランドである無印良品。

無印良品の全身シャンプーもミノンの全身シャンプーと同じくらいミニマリストの愛用者が多いシャンプーです。

無駄のないシンプルな無印良品らしいデザインがミニマリスト好みのボトル。

合成香料無添加・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリー・シリコンフリーなので安心して使えるシャンプーです。

全身シャンプーですが、髪がきしみにくく、さっぱりとした洗い心地です。

天然香料としてオレンジのエッセンシャルオイルが配合され柑橘系のさっぱりとした香りがします。

 

カウブランド 無添加シャンプー

天然由来のアミノ酸系洗浄成分配合のため低刺激・低洗浄力で頭皮や髪に優しい弱酸性のシャンプー。

着色料・香料・パラベンなどの防腐剤・品質安定剤に加えて、アルコールも使用していない無添加ノンシリコンシャンプーです。

天然由来のコンディショニング作用も配合されており、シャンプーだけで使用してもきしみを感じにくくなっています。

シャンプーだけできしみを感じた場合は、トリートメントも販売されているので安心です。

ミニマリストの愛用者も多く、同種類のボディソープなどもあり、このカウブランドの無添加シリーズで統一している人は多いです。

 

BOTANIST ボタニカルシャンプー

シャンプーとトリートメントを分けてしっかりとヘアケアをしたい人もいるでしょう。

ボタニストのボタニカルシャンプーは、白を基調としたシンプルでオシャレなデザインがミニマリストに人気のシャンプー。

シャンプーとトリートメントで同じようなデザインで統一感があります。

デザインがシンプルなだけでなく、価格・配合成分の質をみるとコストパフォーマンスが良いシャンプー&トリートメントです。

特にボタニストのダメージケアはおすすめで、アミノ酸系洗浄成分を中心として頭皮洗浄・ヘアケをしっかりとしたクオリティで実現させています。

この価格でこのクオリティのシャンプー&トリートメントを市販で買いやすいというのは魅力的です。

おしゃれな浴室で髪や頭皮にも優しくヘアケアもできるのでミニマリスト好みのシャンプー&トリートメントでしょう。

 

シャボン玉石けん 無添加シャンプー

無添加シャンプーの中には、合成界面活性剤などが入っていても香料や着色料など、何か添加物が1種類入っていないだけで「無添加」とうたっているものも多く存在します。

成分表にものすごい量の成分が表示されているシャンプーが多いですが、シャボン玉石けんの無添加シャンプーは、配合成分が水とカリ石ケン素地のみというシンプルな構成。

添加物が一切入っていない肌に優しい完全無添加のシャンプーで安心して利用できます。

香料が入っていないのでキツい香りはせず、ほのかに石けんの香りがします。

このシャンプーのみで全身を洗うことができるので時短・節約になるミニマリストに最適なシャンプーです。

 

番外編:ミニマリストにおすすめのシャンプー

番外編として当サイトがミニマリストにおすすめしたいシャンプーをもう1つ紹介します。

 

PPTコラーゲン&シルクシャンプー

PPTコラーゲン&シルクシャンプーは、高価といわれるアミノ酸系洗浄成分よりも高価なコラーゲン、シルク系の洗浄成分を配合した最高級の洗浄成分を使用しています。

低刺激・低洗浄成分で髪や頭皮に優しいのはもちろん、洗浄成分にトリートメント効果がある優れものです。

さらに、ケラチン・ヘマチン・ペリセアという補修成分が贅沢に配合されているのでコンディショニング効果抜群で、メーカーがトリートメントを売らないほどトリートメントなしでもきしまないという自信を持って販売されているシャンプーです。

魅力はコンディショニング効果だけではなく、キャピキシ・ヘマチン・ザクロ果皮エキスという育毛に効果的といわれている成分を配合し、育毛シャンプーとしても魅力的です。

シャンプー1本自体の価格は高価に感じますが、トリートメントなしのシャンプー1本で使えるので、コストパフォーマンスは高いシャンプーです。

頭皮洗浄・ヘアケア・育毛と全てがシャンプー1本でハイクオリティに実現させたミニマリストにおすすめのシャンプーです。

 

ミニマリスト愛用のシャンプーまとめ

以上、ミニマリストが愛用しているシャンプーとミニマリストにおすすめのシャンプーについて紹介しました。

紹介したシャンプーは全て男女ともに使用できるシャンプーです。

ミニマリストでシャンプー選びに迷っている方は、自分がどんなシャンプーを求めているか整理して自分に合ったシャンプーを選びましょう。

 

 

コメント