NiNE(ナイン)のヘアオイル「リッチ」と「ライト」どっちを選ぶ?違いを比較

美容師が提案する「トレンドデザイン」と、お客が求める「ケア効果」を同時に叶えつつ、”再現可能な使いやすさ”を追求した、スタイリングケア商品であるhoyu perofessionalの人気ブランド「NiNEナイン」。

NiNEのヘアオイルである「マルチスタイリングオイル」には、「リッチ」と「ライト」という2種類のタイプがあります。



NiNEのヘアオイルに興味があるけど、「リッチ」と「ライト」どっちを選ぶべきか迷う人も多いと思います。

そこで、この2種類の違いを比較して紹介します。

 

NiNE(ナイン)のヘアオイル「リッチ」と「ライト」共通の特徴



まずは、NiNEのマルチスタイリングオイル「リッチ」と「ライト」両方に共通している特徴は以下の通り。

  • ケアしながらセットできるオイルタイプのスタイリング剤である
  • 植物オイル特有の油臭さが少なく、指通りが良い
  • ウエットな質感と、程よくナチュラルな束感にできる
  • ベタつきにくい、スムースな使用感
  • 髪を毛先までしっとり保湿し、パサつき、乾燥を防ぐ
  • 植物由来成分を98%以上使用し、肌にも使える
  • 上品なフローラルやパチュリを加えたやわらかい良い香り

NiNEのマルチスタイリングオイルはどちらも、流行りの濡れ髪(ウェット)スタイルでナチュラルなツヤや束感を出すことができるという点が特徴のスタイリングヘアオイルです。

スタイリング剤ですが、髪を保湿してケアできることも嬉しいヘアオイルです。

植物由来成分98%以上使用しているので、髪だけでなく肌にも安心して使えるという点も人気の理由です。

価格も同じで定価は100mLで税込3,080円です。

 

NiNEヘアオイル「リッチ」と「ライト」の違い



それでは、本題のNiNEマルチスタイリリングオイルの「リッチ」と「ライト」の違いを紹介します。

軽いか重いか

まず、NiNEのマルチスタイルングオイルの「リッチ」と「オイル」の大きな違いは、「軽い」か「重いか」です。

  • リッチ:重い
  • ライト:軽い

リッチタイプは重めで、ライトタイプは軽めの質感です。

リッチタイプは、N.(エヌドット)のポリッシュオイルに似ている重さです。

エヌドットのポリッシュオイルの重さがちょうど良いと感じる方は、NiNEのオイルはリッチタイプを選ぶと良いでしょう。

エヌドットのポリッシュオイルじゃ重すぎると感じる方、エヌドットを使ったことがないのでわからない方、軽い質感が好きな方は、ライトを選ぶのがおすすめです。

 

向いている人の違い

自分の髪質によって「リッチ」と「ライト」どちらを選ぶか決めるのもよいです。

  • リッチ:髪が太い人、硬毛の人、くせ毛の人
  • ライト:髪が細い人、軟毛の人

髪が太い人や、硬毛の人、重めのリッチタイプが使いやすいです。

髪が細い人、軟毛の人などは、軽いライトタイプを選ぶと良いでしょう。

髪が細い・軟毛の人がリッチタイプを使用すると、重く感じて動きが出しづらいと感じる可能性が高いです。

リッチタイプは、しっとりするのでくせ毛の人にもおすすめです。

また、動きを出したり、束感を出した髪型をしたいという人は「ライト」が使いやすいです。

自分の髪質や理想の髪型に合わせたものを選ぶことがおすすめです。

 

どっちを選ぶか迷ったら…




以上で紹介した選び方でも、「自分の髪質がどんなタイプなのか判断できない」や「初めてオイルタイプのスタイリングを使う」など、どちらを選ぶのが迷うという人もいると思います。

NiNEのマルチスタイリングオイルで「リッチ」か「ライト」のどっちを選ぶかどうしても迷ってしまうという人は、「ライト」タイプを選ぶと良いと思います。

理由は、「ライト」は軽くて動きのあるスタイリングがしやすくて幅広い人に使いやすいオイルだからです。

初めてオイルのスタイリング剤を使う人などのスタイリング初心者にも動きやウェット感を簡単に出せて使いやすいオイルです。

逆にリッチタイプは、少し上級者向けのスタイリングオイルという感じです。

「リッチ」と「ライト」どちらを選ぶかどうしても決められないという場合は、「ライト」を選ぶのがおすすめです。

 

NiNE(ナイン)マルチスタイリングオイルの使い方

NiNEのマルチスタイリングオイルの使い方は、

①手のひらにオイルを出して、手によく馴染ませてから髪につけます。

使用量の目安(ミディアムの場合)

  • リッチ:3〜5プッシュ
  • ライト:2〜4プッシュ

②まず髪の表面から馴染ますようにつけてツヤ感を出します。

③次に髪の内側の中の方につけます。

④次に顔周りにつけて毛束感を。

⑤最後に指先に残ったオイルで前髪など顔まわりの調整をすると◎。

⑥手に残ったオイルは、ハンドオイルとしても使えるので、手の全体につけても良いです。

 

※注意点としては、最初に前髪からつけると、ベタっとなってしまいます。

最初に顔まわり以外の全体の表面からつけて、最後に顔まわり・前髪をつけると良い感じになります。

 

まとめ




以上、hoyu perofessionalのNiNE マルチスタイリングオイル「リッチ」と「ライト」の違いについて紹介しました。

NiNEマルチスタイリングオイルのリッチとライトの違いを比較すると、

リッチ ライト
質感 重い(しっとり) 軽い(さらっと)
向いている髪質 太い毛、硬毛、くせ毛 細い毛、軟毛
使いやすさ 少し上級者向け 初心者でも使いやすい

 

一番わかりやすい違いは、少し重め(リッチ)少し軽め(ライト)という特徴なので、そこでどちらを選ぶかを決めると良いでしょう。

オイルなのにベタつきにくく、香りも良いので使いやすくておすすめのスタイリングオイルです。

 

サロン専売品ですが、Amazonなどの大手ネット通販で購入できます。


確実に正規品を購入したい人は、下記の通販サイトがおすすめです。

 

 

 

コメント

  1. […] NiNE(ナイン)のヘアオイル「リッチ」と「ライト」どっちを選ぶ?違いを… […]