さくらの森ハーブガーデンオーガニックシャンプーの成分解析と香り

 

さくらの森ハーブガーデンシャンプーの成分解析

さくらの森ハーブガーデンシャンプーの全成分は以下の通りです。

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、サピンヅストリホリアスツ果実エキス、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、フムスエキス(フルボ酸含有)、シンジオフィトンラウタネニ核油、バオバブ種子油、ユチャ油、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウム-10、センブリエキス、ユズ果実エキス、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

 

ハーブガーデンシャンプーに配合されているこれらの成分を解析していきます。

 

洗浄成分

ハーブガーデンオーガニックシャンプーの洗浄成分は以下の成分です。

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココアンホプロピオン酸Na
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイル加水分解ダイズタンパクK
  • サピンヅストリホリアツス果実エキス

配合量が水の次に多いメインの洗浄成分であるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系の洗浄成分で洗浄力とコンディショニング効果のバランスの良い成分です。

洗浄成分で2番目に多い配合量であるココイルグルタミン酸Naもアミノ酸系の洗浄成分でベビーシャンプーやダメージヘア用のシャンプーによく使われるコンディショニング効果が高く低刺激な洗浄成分です。

このようにメイン洗浄成分2つがアミノ酸系の洗浄成分で構成されており、このハーブガーデンシャンプーはアミノ酸系シャンプーということになります。

他の洗浄成分ではココイル加水分解ダイズタンパクKという高価で優れた成分も使われており、低刺激で洗浄力も適度に洗うことができます。

泡立ちも良く洗い心地の良いシャンプーになっています。

 

補修成分

補修成分も上質な成分が使われています。

  • ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)
  • ユズ果実エキス
  • シロキクラゲ多糖体
  • シンジオフィトンラウタネニ核油
  • バオバブ種子油

など髪の内部から補修する成分や保湿成分など効果的な補修成分が調合されています。

 

頭皮ケア成分

頭皮ケア成分としてエキスの良さが目立ちます。

  • センブリエキス
  • ユズ果実エキス
  • サンショウ果実エキス
  • シロキクラゲ多糖体
  • アルニカ花エキス
  • ゴボウ根エキス

など保湿や頭皮環境改善効果など育毛系のシャンプーによく使われるエキス類が豊富に配合されています。

ハーブガーデンオーガニックシャンプーというだけあってエキス類の配合成分の良さが目立っており、頭皮環境に良い影響を与えることが期待できます。

 

 

スポンサーリンク

 

さくらの森ハーブガーデンコンディショナーの成分解析

続いて、コンディショナーの成分解析もしていきます。

さくらの森ハーブガーデンコンディショナーの全成分は以下の通りです。

水(オーガニックハーブティー)、ベヘニルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、水添ヤシ油、ミリスチン酸、ステアリン酸グリセリル、パーシック油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパク、γ‐ドコサラクトン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリクオタニウム‐10、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、フムスエキス(フルボ酸含有)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、乳酸、シンジオフィトンラウタネニ核油、バオバブ種子油、ユチャ油、セイヨウトチノキ種子エキス、シャクヤク根エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、水溶性コラーゲン、ユズ果実エキス、加水分解エラスチン、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ソロキクラゲ多糖体、香料(アロマ精油ブレンド)

 

コンディショナーもノンシリコン処方

ハーブガーデンコンディショナーの最大の特徴は、コンディショナーにしてはかなり珍しいノンシリコン処方になっていることです。

ノンシリコンを謳っているシャンプー製品のほとんどは、シャンプーにはシリコンが入っていなくても、コンディショナー(トリートメント)にはシリコンが入っていることがほとんどです。

これは、コンディショナーもノンシリコンにするとパサつきや軋みが出てしまうことが多くシリコンでコーティングして質感をよくするためです。

シリコンとは、代表的なのがジメチコンです。成分表に「メチコン」「シロキ」「シリル」「シラン」というのが成分名に含まれていればシリコンと考えて間違いありません。

しかし、このハーブガーデンのコンディショナーは、シリコンを配合していないノンシリコンコンディショナーになっています。

「じゃあパサついたり軋みやすいのかな?」と思う人もいると思いますが、このハーブガーデンコンディショナーはパサついたり軋んだりしないように成分を配合しているためパサつきや軋みも感じにくいコンディショナーになっています。

 

補修成分

ハーブガーデンコンディショナーに配合されている補修成分はシャンプーにも配合されているペリセアなど有効成分が多く配合されています。

シャンプーに配合されていなくてコンディショナーにだけ配合されている成分としては、

  • γ‐ドコサラクトン
  • セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパク

この2つの成分がコンディショナー的にかなり有効的な成分です。

γ‐ドコサラクトンは、ドライヤーやヘアアイロンの熱を利用して毛髪のキューティクルをケアする成分です。

セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパクも、キューティクルケア成分でダメージを受けた髪を修復するのに有効的な補修成分です。

ハーブガーデンコンディショナーは、

  • 内部補修でハリ・コシアップ
  • 脂質系内部補修
  • 毛髪強度アップ
  • 超保湿
  • キューティクル補修ケア
  • 紫外線ガード

などといったヘアケア効果が期待できる有効成分で調合され、ノンシリコンだけどパサつきや軋みを感じにくく、サラサラな仕上がりのコンディショナーになっています。

 

頭皮につけても大丈夫

ハーブガーデンコンディショナーのメリットとして、かなり低刺激で安全性が高いため頭皮につけても大丈夫で、頭皮ケアもできるというのがあります。

通常のコンディショナーは髪につけるもので頭皮につけるのは基本的にNGですが、このハーブガーデンコンディショナーは頭皮につけても安全な低刺激処方で、さらに頭皮に有益なエキスが配合されているため頭皮マッサージとして使用できます。

髪を整えるだけでなく頭皮環境改善効果も期待できるコンディショナーです。

 

 

スポンサーリンク

 

ハーブガーデンシャンプーの香り

成分解析をして配合成分が良いといことはお分かりいただけたと思いますが、シャンプーで成分と同じくらい重要視する人が多い香りについて。

さくらの森ハーブガーデンシャンプー&コンディショナーの香りは、商品名のとおりハーブの香りです。

公式サイトでは、「ハーブ畑にいるような豊かな香り」と表現されています。

ハーブガーデンの香りは、天然アロマ精油を配合して自然な香りになっており、「香りが強すぎる」や「香りがしつこい」といったことを感じにくく、自然にほのかに香ります。

ラベンダーやオレンジなどハーブ畑のような香りでリラックスできる香りになっています。

 

 

 

 

 

コメント