AGA治療薬ミノキシジルによる多毛症の副作用がでたときの対処法

薄毛

AGA治療薬による副作用の1つに多毛症というのがあります。

副作用で多毛症が表れたときの対策や対処法はどんな方法があるのか?

  • AGA治療を試したいけど多毛症副作用が心配
  • AGA治療中で多毛症の副作用に悩んでいる

という人のために

実際にAGA治療中で多毛症の副作用を経験している私がおすすめの対策・対処法を紹介します。

 

ミノキシジルタブレットによる多毛症が出たときの対処法

AGA治療薬のミノキシジルタブレットによる副作用として、多毛症というのがあります。

発毛成分であるミノキシジルは、毛包に働きかけて髪を生やします。

内服薬であるミノキシジルタブレットは、外服薬(塗り薬)に比べて効果が大きいですが、全身の毛包に働きかけるため体毛が濃くなります。

実際に私もAGA治療を始めてからこの多毛症が表れました。

多毛症といっても、毛むくじゃらになるわけではなく、

  • 髭が少し濃くなる
  • 今まで薄かった身体の毛が少し濃くなる
  • 今まで生えていなかったところから、産毛程度の毛が生えてくる

といった感じです。

この多毛症の副作用が表れて、体毛の濃さが気になる場合の対処法は、2つあります。

内服薬をやめる

ミノキシジルは内服薬(飲み薬)と外服薬(塗り薬)があります。

クリニックによって、ミノキシジルは外服薬のみの治療内服薬と外服薬を併用する治療のクリニックがあります。

ミノキシジルによる多毛症は内服薬の服用によって起こる副作用なので、「内服薬をやめて外服薬だけに」または「薬の量を減らす」という対処の仕方があります。

しかし、内服薬を自己判断で辞めたり、量を減らしたりせずにクリニックの医師に副作用の状況などしっかり説明して相談したうえで決めましょう。

メソセラピーで治療する

AGA治療を、内服薬ではなくメソセラピーとい注入治療を行う方法もあります。

費用は高額ですが、頭皮に有効成分を直接注入するので、効果が出るのが速く、副作用もほとんどないのが特徴。

内服薬の多毛症のような副作用も避けられるため、多毛症を避けない人や費用を払えて発毛・育毛の効果を急いでいる人におすすめです。

 

永久脱毛する

2つ目は、体毛を永久脱毛をすることです。

個人的にこれが一番おすすめです。

脱毛の費用はかかりますが、永久脱毛することで気になる体毛を無くすことができます。

近年はメンズ脱毛をする人も多く、男性が永久脱毛をするのも普通のことになりつつあります。

「男性がツルツルになるのはどうなのか」と心配な人もいるかもしれませんが、女性は男性の体毛がツルツルであることに好印象を持っているというデータがあります。

永久脱毛してツルツルになることで、女性ウケも良くなるし、男性にありがちな部屋に体毛がよく落ちているということも無くせるので一石二鳥です。

脱毛費用を払えるなら、AGA治療薬の効果を落とさずに治療を続けられる永久脱毛はおすすめです。

費用を抑えたい人は、身体全部ではなく気になる箇所だけの脱毛を行なうことで費用も抑えられます。

 

 

 

コメント